We will deliver “a warm time and space” to the world through Bizen ware.

ABOUT BIZEN WARE

備前焼の力

about_photo_04

1. 花を長持ちさせる

備前焼には微細な気孔があることから、若干の通気性があります。これにより、水が新鮮に保たれ、花を活けたときには花が長持ちするという効果があります。

2. 冷たいもの、温かいものを美味しく味わえる

備前焼は、内部が非常に緻密な構造であるため、比熱が大きいという特徴を持っています。そのため保温性に優れており、ビールなどの冷たいものはぬるくなりにくく、また、コーヒーやお茶などの温かいものは冷めにくくなり、美味しく味わうことができます。

about_photo_03

3. ビールが美味しく飲める

備前焼の表面は、小さな凹凸が無数にあります。そのため発泡機能が高く、ビールを注ぐと泡がきめ細かくクリーミーになり、泡の寿命も長くなります。泡はビールの命ともいえるもので、備前焼を用いることでビールを一層おいしく飲むことができます。
ガラスコップに入れたビールと、備前焼のビアマグに入れたビールを飲み比べると、その味の違いに驚かれることでしょう。

4. お酒を美味しくする

備前焼の内部にある微細な気孔によって生まれる通気性は、お酒に含まれる酵母菌の働きを活発にし、お酒の熟成効果を高めます。日本酒やウイスキー、ワインなどを注いで置いておくことにより、香りは高く、味はまろやかに、コクのある味に変化します。
「備前焼の器に酒を入れておくと、二級酒が一級酒になる」という言い伝えもあります。上記3.でも紹介したとおり、お酒の中でも特にビールに対する効果はてきめんです。

about_photo_06

5. 料理を美味しくする

備前焼の表面は、他の焼物に比べて小さな凹凸がたくさんあるため、盛った料理がお皿の表面に密着しないことによって食べ物が取りやすくなります。また、水分の蒸発力が弱いため、乾燥を防ぎ、新鮮さを保つ効果もあります。

備前焼の里である岡山県では、備前焼の遠赤外線効果を利用して、醤油製造業者が備前焼の大甕で醤油を調熱する製法を取り入れたり、味噌製造業者が味噌を熟成させる樽の中に備前焼の棒を入れたり、化粧品の製造業者が商品の中に備前焼の玉を入れたりすることもあります。
また、備前焼の甕に水を貯めて置くと、カルキ臭が抜け、腐ることなく長期間保存できることから、戦国時代、篭城が行われるときには備前焼の甕に水を貯めて篭城したといわれています。