We will deliver “a warm time and space” to the world through Bizen ware.

ABOUT BIZEN WARE

備前焼の概要

about_photo_01

日本の代表的な焼物のひとつである備前焼は、岡山県備前市で作られています。
晴れの日が日本一多いことから、岡山県は「晴れの国岡山」と呼ばれており、備前市はその「晴れの国岡山」の最東端に位置しています。

備前焼は、中世から現在まで生産が続いている日本を代表する6つの窯「日本六古窯(ろっこよう)」に数えられ、その中でも最も古い1000年の歴史があります。
愛好家はもちろん、陶工をも惹きつけてやまない魅力を持つ備前焼は、陶工の数も他の焼物産地と比べて非常に多く、その数は400人以上といわれています。これまでに陶磁器でもっとも多い5名もの人間国宝(重要無形文化財保持者)を輩出しており、日本文化を代表する焼物のひとつです。

about_photo_17

釉薬(ゆうやく)をかけず、自然な土と火の融合によって生み出される素朴さが特徴で、その素朴さゆえに作品にはぬくもりが感じられ、その素朴さゆえに器に盛られた料理や活けた花の美しさを引き立てます。

今日まで無釉焼き締めの伝統を変えることなく守り続けたのは、六古窯の中で備前だけです。釉薬を用いる他の焼物が「化粧の美」といわれるのに対し、釉薬をかけない備前焼は「素顔の美」といわれます。
備前焼の世界感は「わび・さび」に通じるもので、わび茶を体現した村田珠光・千利休・古田織部らの茶人から、本来は唐物好きの大茶会プロデューサー豊臣秀吉まで、備前焼を好んで使うようになりました。

備前焼は、美術品としても多くの人に愛されており、そのまま飾るだけでも味のあるものですが、日用品として花を活けたり料理を盛ったりして使い込むうちに表面の細かい角が取れ、味わい深い色合いに変化していきます。備前焼には、器を育てる楽しみもあるのです。

about_photo_24

備前焼が持つ様々な効果も大きな魅力です。例えば、ビール・日本酒・お茶などを備前焼に入れると、味がまろやかになり、美味しくなることはよく知られているところです。さらに、備前焼に活けた花は長持ちするという効果もあるようです。(詳しくは「備前焼の力」)

備前焼の自然美は、ある種の偶然性から生まれます。同じ陶工が、同じように作り、同じように焼いても、全く同じものはひとつとしてできない、唯一無二の存在です。一生つきあえるほど丈夫で、使えば使うほど味わい深くなることから「備前焼は生涯の伴侶」ともいわれます。

人々の心を捉えて離さない備前焼。長い歴史を受け継いだ多くの陶工たちが、伝統をさらに磨き上げ、個性を土に吹き込み、今なお素晴らしい作品を世に送り出しています。そして、それらの作品が、ぬくもりを感じる奥深い美しさで日本のみならず海外の人々をも魅了しています。
ぜひ自分だけの一品を見つけ、ぬくもりのある時を共に刻んでください。