We will deliver “a warm time and space” to the world through Bizen ware.

ABOUT BIZEN WARE

備前焼まつり

about_photo_25

備前焼まつりは、「備前焼の里」として知られる岡山県備前市のJR伊部駅周辺にて、毎年10月の第3土曜日・日曜日の2日間にわたり開催されます。開催回数30回を超える町を挙げての一大イベントであり、全国から毎年十数万人もの人が訪れます。
備前焼まつりでは、JR伊部駅前から周辺一体が歩行者天国になっており、特設会場や露店などで多くの作品が安価(約2割引)にて販売されています。

その他にも陶工による「ろくろ実演」、訪れた客が体験できる「ろくろチャレンジ」、備前焼のキャンペーンスタッフである備前焼小町の「委嘱式・撮影会」、人間国宝や文化財作家の作品が入っている袋もある「福袋の販売」、花器に野の花を生ける「野の花と器展」、天津神社境内で行われる「茶席」など、実に多彩な催しが行われます。
食べ物の屋台が集まるグルメ会場もあるので、備前バーガー、備前カレー、日生カキオコ、しょうゆソフトクリームなどのご当地B級グルメもお楽しみいただけます。

about_photo_08

備前焼まつりの醍醐味は、一度に多くの陶工や作品に触れることができる点です。陶工との会話を楽しみ、作品の説明やこだわりなどを聞く中で、お気に入りの作品に出逢うことができるかもしれません。また、備前焼まつりでお気に入りの陶工や窯元を見つけ、後日ゆっくりと再訪するのもいいでしょう。

about_photo_23

備前を訪れた際は、備前焼を育んだ町の雰囲気も堪能しましょう。
例えば、伊部駅を出たらすぐに陶芸美術館があります。あたりを見渡すと煉瓦の煙突があちらこちらに見え、焼物の町ならではの景観を作り出しています。また、観光案内板、小学校や警察署の看板、バス停や電話ボックスの屋根、神社の狛犬や絵馬や敷石など、町の中にも備前焼が多く使われています。
日本の伝統文化を担う焼物の町ならではの風情も併せてお楽しみください。