We will deliver “a warm time and space” to the world through Bizen ware.

ABOUT BIZEN WARE

備前焼使用上の注意点





無題ドキュメント

about_photo_08

備前焼は、他の焼物と比べると比較的頑丈ではありますが、末永く安全にご愛用いただくため、次の点にご注意下さいますようお願い致します。

備前焼は釉薬(ゆうやく)を使っていないため、器肌が滑らかではありません。直接テーブルや棚などに置くと、傷をが付けるくことがあります。ご使用の際はコースターやランチョンマット等の敷物をご使用下さい。

器の強度を増すために、最初のごに使用する際前に、一度煮沸させる方もいらっしゃいます。一度煮沸させる場合、水をたっぷり入れた鍋の中に備前焼を完全に沈め、水の状態から焚いてください。10分程度沸騰させた後、自然に冷ましてから取り出して下さい。

水に充分浸してからご使用下さい。特に、初めてのご使用の際や、油ものをご使用の際は、必ず水に濡らしてからご使用下さい。水に濡らすことにより、油・臭い・色が器に付きにくくなります。また、艶が出て、見た目も色が一層鮮やかになり美しく見えます。

about_photo_18

ご使用後は早めに洗浄して下さい。

洗浄後はよく乾かして下さい。よく乾かさないまま箱や棚に収納すると、カビや臭いが発生することがあります。

急激な温度変化は、割れや破損の原因となります。急に熱いものを注いだり、直接火にかけたりしないようにご注意下さい。
備前焼に熱湯を注ぐ場合、あらかじめ備前焼を温めてからご使用ください。お酒を燗する場合は、別の容器であらかじめ温めておいたお酒を備前焼の徳利等に移すのが良いでしょう。熱湯に直接酒器を入れると割れることがあります。
オーブンでは絶対に使用しないでください。また、稀ではありますが、電子レンジでの使用時に破損する場合があります。

水漏れの検査はしていますが、万一の水漏れにはご注意下さい。
ひびが入ったり欠けたりした作品は、怪我の原因にもなりますのでご注意下さい。
備前焼は大変堅く焼き締められているため、地震などで倒れたり、落下したりして人体に当たると危険です。安定した安全な場所でご使用下さい。