We will deliver “a warm time and space” to the world through Bizen ware.

ARTIST

伊勢崎紳

Shin Isezaki

1965年
岡山県重要無形文化財・伊勢崎満の二男として備前市に生まれる
1989年
父・伊勢崎満に師事
岡山県美術展「第40回特別賞」受賞
1990年
田部美術館・茶の湯の造形展「奨励賞」受賞(以降、2回「奨励賞」受賞)
1992年
日本伝統工芸中国支部展「岡山市長賞」受賞
1993年
第12回 日本陶芸展 入選
第40回 日本伝統工芸展「日本工芸会奨励賞」受賞
1994年
日本伝統工芸中国支部展「島根県知事賞」受賞
1995年
第42回 日本伝統工芸展 入選
日本工芸会正会員となる
1997年
日本伝統工芸中国支部展「山陽新聞社賞」受賞
1998年
第45回 日本伝統工芸展 入選
1999年
備前市伊部に独立・築窯
2001年
工房イクコにて二人展
2002年
銀座黒田陶苑にて個展
2006年
広島天満屋にて個展
2007年
日本伝統工芸中国支部展「50周年記念奨励賞」受賞
2008年
岡山天満屋にて個展
2009年
名古屋松坂屋にて個展
日本伝統工芸中国支部展「岡山県知事賞」受賞
2012年
JR大阪三越伊勢丹にて個展
2013年
日本橋三越にて個展

mark_isezaki

備前焼作家になったきっかけ

中学生の時から窯焚きを手伝い、備前焼が生活の一部となっていたため、備前焼作家になったのは自然の流れだった。
(注:伊勢崎紳氏は岡山県重要無形文化財・伊勢崎満氏の次男)

備前焼の魅力

花や料理など、備前焼は、使うものの良さを引き立てることができる焼物である。
一見地味な焼物と思われがちだが、気持ちを込めて作れば現代的な作品にもなる。

作陶

伝統を重んじ、昔ながらのやり方で作陶している。
自分が欲しいと思えるものを丁寧に楽しみながら作るだけ。土を作る、形を作る、窯詰め、窯焚き、作陶工程の全てが楽しいが、その中でも、何を作ろうか考えている時が一番楽しい。

これから

備前焼には力があるし、世界中の焼物の中で備前焼ほど可能性を秘めている焼物はない。
しかし、自然を相手にしているから、作品づくりは思い通りにいかないことだらけ。それをどうやって思い通りにいかせるか、まだ誰も気づいていない技法や焼成方法があるはず。その時その時、自分が興味のあるものを形にしながら、備前焼を探求していきたい。

一言

どういう使い方でもいいので、とにかく実際に備前焼を使って楽しんでほしい。使わないと備前焼の良さはわからない。

陶印の由来

名前のカタカナ「イ」から。父であり師である伊勢崎満の二男なので「イ」を二本線にした。

SOLD OUT

¥ 8,000

¥ 28,000
SOLD OUT

¥ 5,800
SOLD OUT
カップ
¥ 4,500
SOLD OUT
ぐい呑
¥ 6,500
徳利
¥ 18,000
SOLD OUT
ぐい呑
¥ 10,000
スープ皿
¥ 6,000
SOLD OUT
カップ
¥ 4,500

¥ 10,000

¥ 30,000
SOLD OUT
湯呑
¥ 4,500

¥ 40,000